靴の蒸れを防ぐ方法

様々な方法がありますが、第一には多湿の環境になる時間を短くすることが大切です。同じ靴を長く使っていると、靴の蒸れがひどくなることが避けられず、雑菌の温床になることが必須です。一度の使用時間を短くすることによって、蒸れの問題が極端に悪くなることがありません。お店に入るときには、座敷の席を使うようにすれば、靴の蒸れが進行することは防げます。運動中に使う場合には、公園などで休憩時間を作りながら、一度は脱いで太陽光や風に当てるなどして乾燥させてみましょう。
比較的に手軽な方法では、吸湿速乾の靴下を使うことがおすすめできます。汗や湿気の水分が靴下の生地に吸収されることで、靴の蒸れによる問題は軽減していきます。吸湿速乾の靴下を併用する場合でも、あまりにも長く使えば靴の蒸れは悪化することが確実です。そのため、靴下はこまめに履き替えるようにして、常に乾いた状態を作り出すことが欠かせません。夏の移動中には予備の靴下を持ち歩くようにすれば、常に快適な状態を保てます。
根本的な問題を解決するためには、靴の素材選びからこだわる方法も試してみてください。靴の蒸れを軽減させる生地が使われている製品を選ぶだけでも、不快な状態はかなり改善します。空気の通り道が全くないような構造では、内部の蒸れが悪化することが避けられません。過酷な環境下で使うときには、表面にメッシュ加工が施されている靴も選ぶと効果的です。
靴の蒸れを防ぐための方法を実践していても、最初から状況が悪化していると、対策が不十分になることがあります。一日分の湿気は翌日に残さないようにすることも、靴の蒸れを予防するためには欠かせません。乾燥機などを使えないときには、丸めた新聞紙を靴の中に入れておくと、余計な湿気を吸い取ることができます。明るい時間帯に帰宅したときには、すぐに外で陰干しすれば、翌日には快適な状態で使えます。雨の日に帰宅したときには、特に入念に乾燥させれば靴の蒸れは心配する必要がなくなります。

 

  Homeに戻る