足白癬とは?

足白癬とは「あしはくせん」と読みます。
一般的には「水虫」と呼ばれており、人間の皮膚の角質層にいるカビの一種である白癬菌が足の指や裏といった皮膚の角質や皮下組織に侵入して繁殖する事によって炎症やひび割れなどの症状を引き起こす感染症です。
白癬菌は人間のあらゆる皮膚に存在しており、おまけに皮膚に含まれているケラチンという物質を好む性質を持っています。
おまけにカビの仲間なので高温多湿になると、皮膚の新陳代謝を上回る増殖力で皮膚を侵食していき、一度発症したらすぐには治りません。白癬菌が増殖する正確な温度と湿度は温度15℃以上、湿度70%以上です。このため湿度が高い靴の中で足白癬は増殖しやすく、湿気と高温が続く夏に発症する人が多くなります。また日本の独特な風土も関わっているといわれています。
この感染症には大まかに分けて2種類の症状があります。
1つは足の裏や指の角質が硬くなっていく「角化型白癬」、もう1つが皮膚が薄く剥離したり水泡が発生したりしながら皮膚の赤みや痒みなど発生させる「汗疱状白癬」です。似たような感染症で腕などに炎症や水泡があらわれる「田虫」や頭に症状が出る「白雲」などがありますが、実はこれらの原因は水虫と同じく白癬菌の感染によるものです。同じ原因による感染症にも関わらず、使い分けされている理由は感染した部位が異なるので分類しているためです。
実際に足白癬の場合、角質層ごと剥離すれば白癬菌も剥離した皮膚とともにはがれ落ちて数週間ほどで死滅しますが、その落ちた角質層に触れたら感染するリスクは高い特徴を持っています。また皮膚に落ちた角質層が付着しても洗い流せば感染を防げる特徴を持っています。
そのため予防法として常に足を清潔に保ち、長時間足を高温高湿にならないように気をつける事が挙げられています。また感染者との接触を避ける事や通気性の良い靴下や靴を使用する事が挙げられます。
自然治癒は望めず、抗真菌薬の内服か外用が主な治療法です。

 

  Homeに戻る